違いを楽しむ焼酎

日本酒やビールとは違い、焼酎には多種多様な原料が使われています。
違いが分かりやすいというのも、焼酎が多くの方に飲まれている理由の1つです。
 

 

例えば芋焼酎。
昔の芋焼酎は、芋臭さが抜けないお酒として敬遠されていました。
蒸留技術の進化によって、臭さを取り除き甘さの実を残すことに成功したのです。
食用には向かなくても、
焼酎としては美味しく飲める芋が発見されたことも、芋焼酎発展の秘訣といえます。

 

米焼酎の名産地といえば球磨地方です。
日本酒の手法を生かし、
お米の旨みを最大限に引き出した「球磨焼酎」はとても人気があります。

 

世界中で人気の麦焼酎といえば「いいちこ」です。
麦焼酎の問題点であったクセを改善した爽やかな味わいが人気を博しました。
そこから麦焼酎への門戸が開かれ、
現在では香ばしさとまろやかさが絶妙にマッチした「百年の孤独」などの評判が高くなっています。

 

焼酎の中でも変わり種として知られているのが黒糖焼酎です。
奄美諸島でのみ生産されている地酒になります。
同様に黒糖を原料としているラム酒との違いは米麹です。
米麹の効果によって、
黒糖焼酎は上質な甘さと香ばしさを共存させたオンリーワンな仕上がりとなっています。
原料だけではなく、使われている麹によっても味が変わってくるのが焼酎の面白いところです。
黄麹ならソフトで丸みのある味に、
黒麹なら酸味とコクを備えた味に、白麹なら飽きのこないマイルドな味わいとなります。
旅行に出かけた際には、その土地の焼酎を買って帰り飲み比べてみるのも楽しいですよ。
焼酎は地酒として発展してきたため、地方の特色を色濃く感じることが出来るのです。