女性が好きなお酒とは?

お酒を初めて飲んだとき「こんなに苦い液体よく飲めるな」と思った方はいませんか?
そこからだんだん慣れていき、ビールや日本酒が好きになるのが一般的なようです。

 

こうしたプロセスは男女共通ですが、ある1点においてお酒の好みがわかれることがあります。
それは、身体を冷やしたくないという女性に多い悩みです。

 

ビールや炭酸を含むお酒は冷やして飲むことがほとんどといって良いでしょう。
お酒は飲みたいけど体温を下げたくない。
そんな要望に応えてくれるのが日本酒や焼酎です。
特に焼酎は、お湯で割ると風味が増します。
お湯で割ることで、アルコール度数を調整できるのも嬉しいところです。
血栓を溶かし血液をサラサラにしてくれる健康効果も、近年では注目されています。
お酒に慣れてきた女性が焼酎を好むのも当然といえるでしょう。

 

焼酎とは日本独自の蒸留酒です。
蒸留酒とは、醸造酒を蒸留させてできたお酒のことで、ブランデーやジンなどが有名です。
琉球王国が存在していた時代に、タイから技術が伝わりました。
沖縄のお酒として有名な泡盛も、焼酎の一種です。
江戸時代には、防腐剤やアルコール添加の意味から、日本酒に焼酎を混ぜていたという記録も残っています。
焼酎特有の風味が好きという方もいるでしょう。
麦や米、芋などを原料とした焼酎は、その製法からクセのある味わいに仕上がるのです。
反対にコーンなどを原料としたものは、スッキリとした口当たりが特徴で、
焼酎初心者にはこちらの方が好きという方が多く見受けられます。
もし焼酎好きの女性と一緒にお酒を飲む機会があったら、各県の焼酎を飲み比べてみるのも面白いですよ。