イタリアワインに格付けがあるって知っている?

イタリアンで女子会や飲み会をする時、お祝いの席ということも多いと思います。
誰かの結婚祝いとか、就職祝い、何か素晴らしいことを成し遂げたお祝いなど、
とにかく飲み会にお祝いごとが絡むと、ぐっと華やかな雰囲気となりますよね。

 

そんな時、イタリアワインの中でも特別なものを開けたいと思いませんか。
こんな時で無ければ、なかなか良いワインも飲めないし、
お祝い事に絡ませて高級イタリアワインをオーダーするのはとても素敵なことだと思います。

 

しかし、ただ高いから高級ということでは、
美味しくなくただ値段が高かった…ということも、案外多くあるようです。
実は、イタリアワインにはフランス同様、色々な格付けがあり、
それを知るだけでも大きな失敗を防げるのです。
ここでは、イタリアワインの格付けについて解説します。

 

●イタリアワインの法律
実は、ヨーロッパでは、ワインにおける品質管理の理由で厳しい法律が制定されています。
EUの法律を基準に、国ごとにもそれぞれのワイン法があるのです。
イタリアの場合「DOC法」というものがあり、
名醸造ワインを保護するとともに、地域ごとのワインの個性を上手に管理しているのです。

 

●イタリアワインの格付け
イタリアワインには、大きく分けて2つの格付けがあります。
ヴァンドターブルと呼ばれるものと、VQPRDです。
ヴァンドターブルは、テーブルワインなど、ややカジュアルなワインのランクです。

 

この中には、IGTとヴィノ・ダ・ターガォラがあります。
そして、高レベルのワインがVQPRDであり、DOCとDOCGの二つに分かれています。
DOCGは、最高レベルのワインであり、これがイタリアワインでいう最高級ワインとなっています。

 

実際、値段は下がりますがDOCも素晴らしいワインです。
もし、オーダーする時DOCGワインで、
一番価格が低いものとオーダーするのもアリですね。
ぜひ、覚えておいてください。

 

http://yaesu-umaimon.com/