自分で育てて極上の1杯へ

古酒という言葉を知っていますか?

 

古酒とは言葉通り、寝かせて育てたお酒の事で、
熟成させる事で、購入当時よりも時間がたった方が美味しくなります。

 

熟成という言葉を聞くとワインなどをイメージする人が多いでしょう。

 

しかし居酒屋などお酒を扱っているお店や、
お酒を製造しているところであれば保存状態もよく、古酒は美味しくなります。

 

ですが何の知識もない素人が、
自宅でワインを美味しく熟成させるのは難しいと言えるでしょう。

 

またお酒の種類によっては、古酒向きではないお酒もあります。
ウイスキーや焼酎がそうです。
ウイスキーや焼酎は、購入して、
すぐに飲むのが美味しい状態として商品化されています。
そのため下手に寝かせると味が落ちてしまいます。

 

では、素人が自宅で寝かせて、
美味しく熟成させる事が出来るお酒の種類は何かというと、泡盛です。

 

泡盛であれば、保存環境や容器を選ばず、
ただ寝かせておくだけで、成分が化学変化し、
熟成し口あたりがまろやかな古酒が完成します。

 

特にお勧めしたいのは、アルコール度数が高い泡盛です。
度数が高い方が、寝かせる事で、芳醇な風味が出やすいのです。
寝かせる期間は10年前後が1番美味しくなると言われています。

 

10年後に極上の1杯を飲むために、
今飲むのは我慢して、泡盛を自宅で寝かせておく。

 

購入してすぐに飲むよりも、自分で美味しく育てたという愛着と、
飲みたいのを我慢したというスパイスが加わりますから、
極上の1杯として、あなたを楽しませてくれるでしょう。

 

まだ古酒を試した事がないという人に、ぜひ一度試して欲しいと思います。
そのまま飲むのとは劇的に泡盛の味が変化します。
http://shibuya-miyako.com/